北欧デザイン視察報告 第1弾


京田辺市注文住宅 木村工務店 藤本景子です。

6月8日~13日まで、フィンランドに視察研修に行ってきました!!!

d0160304_15181490.jpg視察の目的は次の3つです。
①北欧の暮らしを学ぶ
②北欧のデザインを学ぶ
③経営を学ぶ

フィンランドと言えば『サンタクロース』と
『ムーミン』でしょうか。
森と湖の国で、街の中は緑が多くちょうど
ライラックの花が満開で、甘酸っぱい香りで
いっぱいでした!!

d0160304_15215592.jpg
国土の面積は、34万㎢、人口は540万人です。
フィンランドの首都のヘルシンキを訪れたの
ですが、とても素敵なきれいな街でした。







フィンランドでは、6月から8月が夏です。
気温は最高気温が20度、最低気温が8度くらいで、
朝夕はは薄手のコートをはおるだけで日中は半袖でOK。
北緯60度の位置にあって、とても寒いイメージですが、
日本のように四季があり、メキシコ湾流(暖流)のおかげで、
高緯度のわりには、暖かいのだそうです。


d0160304_15352585.jpg
とてもおもしろい発見です。
フィンランドのカラスです。
とてもお洒落でしょ!!(笑)








とにかく、すべてが絵になる美しい街です。
今回は①北欧の暮らしを学ぶ、について報告したいと思います。

〈ヘルシンキの戸建て住宅視察〉
d0160304_1539998.jpg

d0160304_15391959.jpg
d0160304_1539287.jpg
d0160304_15393637.jpg
d0160304_15394340.jpg
d0160304_15395277.jpg

ヘルシンキの一般の住宅を訪問させていただきました。
フィンランドは、冬は、日照時間が短いため、家族や友人同士室内で
食事をしたり、談笑をしたりする時間が長くなるので、
生活を豊かにするための工夫がいっぱいです。

お家の中は、長くて暗い冬のこともあるために
とても明るいイメージに家具やカーテン、クッションなど
コーディネートされていました。

また、お施主様のご好意で、手作りのシナモンロールとケーキを
ご馳走になりました!!!
とってもおいしかったです。
d0160304_15441545.jpg

北欧の人たちは、趣味の良い長くて使えるものを大切にするという
文化が定着しています。

そのことから、豊かな経験から感覚や感性が発達し、
とてもすばらしい建築家やデザイナーを輩出しています。

次回は、北欧のデザインについて報告したいと思います。

京田辺注文住宅 木村工務店 藤本景子でした。
[PR]
by kimurakomuten | 2015-06-30 15:48 | 注文住宅 社員の部屋 | Comments(0)